神戸の学習塾でプログラミング体験会を実施しました。

神戸の学習塾でプログラミング体験会を実施しました。

Scratch・Python体験会 教育空間エグゼ様(神戸市)

2018年12月15日(土)に神戸市の教育空間エグゼ様にてプログラミング体験会を実施させて頂きました。

体験会は、「Scratch(スクラッチ)コース」と「Python(パイソン)コース」の2部構成で実施いたしました。スクラッチは23名、パイソンは8名の生徒の方々にご参加頂きました。両コースとも募集から数日で定員に達するという状況で、皆様のプログラミング授業への関心の高さを感じとることができました。

ご父兄の方々にもご参加いただきました 教育空間エグゼ様(神戸市)

Scratch(スクラッチ)コースでは、ご父兄の方々にもご参加いただき、いっしょに学習して頂きました。今回の目玉である「正否判定システム」のスクラッチ版に不具合があり、ご迷惑をお掛けする形となりましたが、オリジナル教材を使って順調に学習を進めて頂きました。

Python(パイソン)コースは、pi-topを使ってLED電球を点滅させました。

Python(パイソン)コースでは、pi-topを使って3色のLED電球を点滅させるコードを学習して頂きました。Python版の正否判定システムは正常に動作し、文法ミスやタイプミスに対して、瞬時にアドバイスが表示されされます。その効果もあり、大変スムーズに学習が進み、各自のpi-top上でLEDがきれいに点滅しておりました。

Pythonからブレッドボード上のLEDを制御する仕組みを学習しました
KazunoriYOSHIOKA

コメントは受け付けていません。